相続人とは

相続人とは、死亡した人の遺産を譲り受ける資格がある人のことをさしていますが、基本的には親子関係や配偶者などが対象となっています。亡くなった人に子どもや配偶者がいる場合には、配偶者が2分の一、子どもが2分の一を人数で按分しますが、子どもがいないときには配偶者が2分の一、親が2分の一を受け取ります。親がいないときには兄弟姉妹で分けることになりますのでさらに相続人の範囲が広がることになりますし、兄弟が死亡している場合には、さらにその子どもに相続権が移りますので複雑になっていきます。

ビジネス男性04
したがって、相続の手続きをきちんとせずに長期間放置していた場合、不動産を自分の名義におろそうと思ったら、数十人の顔も知らない相手と交渉して相続権を得なければならないこともあります。このような場合には、弁護士や司法書士が全ての相続人に連絡を取り、相続関係説明図を作成して、持分についても計算しなければなりませんので、通常の相続よりも費用も時間も掛かることになります。このようなことを避けるためにも、将来的な争いを招かないためにも、相続で紛糾する可能性があると思われる場合には、公証役場できちんとした遺言書を作成しておくのがおすすめです。